MASH-SF × Cinelli / ISSUE12

Date : 2009.06
Common Magazine issue12

WORLD HUMAN REPORT × MASH-SF × Cinelli

MASH-SF PROFILE

Cinelli WEB

ISSUE12 DETAILS


■ Please tell us about how this project with cinelli came about.

In 2006 I met Luigi at cinelli at a bike function. We did not have much to show at that time. just a 30 minute video that had toured with the bike film festival, and although Eric Zo had been telling cinelli for years to work on their street specific track line, info was not sinking in. We talked throughout the next 2 years inching closer to making things happen. We put into motion the re-release of the plastic unicanitor saddle. By the beginning of 2008 we had put a more comprehensive package together for cinelli that laid out a 2 year plan with them to develop product, and in return get product support for riders we help. September 2008 we released the frame at interbike in las vegas. It was a huge success, and that showed cinelli to believe in a rider based group, and trust our sensibilities. Since then, they have been more on the radar to make things happen. It makes sense that we needed to prove our position, and the legitimacy of these new street riders and racers to a classic brand.

■ 今回のCinelliとのプロジェクトの始まりを詳しく教えて下さい。

CinelliのLuigiとは2006年のバイクのイベントで出会いました。その時はあまり見せられるものがありませんでした。ただ、バイクフィルムフェスティバルのツアーで上映していた30分のビデオのみ。Eric ZoがCinelliにストリート専用のトラックラインをやるように何年も言い続けていたが、実ることがなかったんです。その後2年間掛けて話し合い、実現させるために少しずつ動いていました。プラスチックのウニカニトールサドルを再リリースすることから始めました。2008年の初めには、商品を開発する2ヵ年計画をCinelliに提出することができ、その代わりにCinelliには僕達がサポートするライダーへプロダクト援助をしてもらいました。2008年の9月にラスベガスのインターバイクでフレームをリリースしました。大成功に終わり、Cinelliはライダー主導のグループの実力を認め、僕達のセンスを信頼するようになりました。それ以来彼らは色々な事を実現させることに敏感になり、取り組んでいます。僕達のような新しいストリートライダーやレーサーの居場所や存在を認めてもらうには伝統のあるブランドにそれを証明しないといけなかったのです。

■ The Mash×cinelli bike look somewhat similar to the cinelli vigorelli pista. Is there a reason for this?

It’s made from the same quality columbus tube set. Our goal was to make a more aggressive frame set with the same strength of columbus aluminum. The vigorelli is compact geometry like a road bike. This puts the top tube too low near the seat tube, and too high near the steer tube. The vigorelli was made with one purpose. To be a sprinters frame on the track. 80% of vigorelli’s sold, end up on the street, so we wanted to make a frame intended for the street, not the track. The frames look similar to an untrained eye. Cinelli made two frames with the same quality tube sets, but once your on top of the bike, they feel completely different.

■ Mash×Cinelli BikeはCinelliのVigorelli Pistaに非常に似てるんですが、何か理由はあるんですか?

同じ良質のコロンブスチューブセットでできています。僕達の目標は、コロンブスアルミニウムと同じ強度でさらにアグレッシブなフレームを作ることでした。Vigorelliはロードバイクのようにコンパクトな図形をしています。これだとトップチューブが低くなりすぎてシートチューブに近くなってしまい、さらに高すぎてステアチューブに寄ってしまっていました。Vigorelliはたった一つの目的で作られました。トラックでスプリンターのフレームになること。でも結局売れた80%のVigorelliはストリートで使われるようになったので、僕達はトラック用ではなく、ストリート用のフレームを作りたかったんです。詳しくない人には似ているように見えます。Cinelliは同質のチューブセットで2種類のフレームを出しましたが、バイクに乗れば、乗り心地はまったく違います。

■  Was Mash responsible for designing and coloring the bike? Was it Benny’s idea to use an all-cinelli logo emblem?

Gabe, Benny, and myself had some meetings, looked at some classic cinelli art, and picked a starting point to refine from. Together with ben, we came up with a few options we loved, and then went through an editing process with cinelli based on cost to produce. It was important that our frame retailed for 850$ or less. Cinelli Vigorelli is 1100$, and we felt that excluded alot of customers in the process. The theme we went with was based off of tones in a black and white photograph. Gabe and I have been photographers more then half of our lives, so photo reference only seemed like a natural evolution. Ben did an amazing job being able to view a bike from many angles. What it feels like to be on top of it, verses how someone sees it in motion on the street. We also love his modern take on the classic crest. All in good taste. Thanks benny!

■ BikeのデザインやカラーリングはMash側が考えたんですか?そしてエンブレムにオールドチネリロゴをチーフに使ったのはBennyのアイデアだったんですか?

GabeとBennyと僕が集まって、クラシックなCinelli作品を見て、僕たちが改善したいポイントを見つけました。Benと一緒に、いくつか気に入った物を選択して、生産のコストを検討しながらCinelliと一緒に編集しました。僕たちのフレームが$850以下であることが大事でした。$1100のCinelli vigorelliは値段のせいでたくさんのお客さんを逃していたと思ったんです。テーマは白黒写真のトーン。Gabeと僕は人生の半数以上フォトグラファーとしてやってきているので、写真のテーマに自然に決まりました。Benは色々な角度からバイクを捕らえることができて、凄くいい仕事をしたね。自分が乗っている感覚から、他人が道で動いているのを見た瞬間などを良く捕らえています。彼がクラシックな紋章を現代的に変えたのも凄く気に入っています。凄くいい味が出ている。ありがとう、Benny!

■ I’m sure you had to ride and test out the bike for this, but what are some of the points that you really put your thoughts into?

Gabe, Andy, and Rainier gave the most feedback on riding the frame. We achieved our initial goals in the second sample. That says alot for Cinelli, and their team knows geometry. We wanted to produce a frame with a classic racing based brand for these reasons, verses making a bmx style frame with a bmx brand. We wanted speed, not tricks for this one. But then again, riders all learned tricks on track bikes made for the track, so there is room for both. We chose a more aggressive top tube over a 650c front wheel, so bar spins were not the in the top ten design goals.

■ 何度も試乗テストなどを繰り返したと思うんですが、このBikeで一番こだわった所や気を使った所はどこですか?

Gabe, AndyとRainierがフレームに乗った感想やフィードバックを一番してくれました。二番目の試作品で当初の目標を達成することができました。それは凄いことで、Cinelliのチームがいかにデザインを熟知しているか証明しています。だから、bmxブランドとbmxフレームを作るより、伝統的なレーシングブランドとフレームを作りたかったんです。トリックより、スピードがほしかったんです。でも、結局ライダー達はいつもトラック用に作られたトラックバイクでトリックをするようになるから、スピードとトリックの両方が得られると思います。bar spinsは僕達のデザイン目標のトップ10の中に入っていなかったため、650Cフロントウィールよりもっとアグレッシブなトップチューブを選びました。

■ In doing a product with cinelli, was it mash’s intention to put more emphasis on riding rather than tricks?

In our first piece with Cinelli, we wanted to make an aggressive, fast, stiff, responsive bike for the street. We did not want the rider in true pursuit position, but a more aggressive stance then a concept or vigorelli. The last two years our video projects have revolved around distance and speed then trick riding, but we are fans of all the current trick revolution. We did decide to offer a front brake hole on the fork. It it the first time we have seen a track fork, drilled for a front brake, then filled with resin, and painted over to feel like an un-drilled fork, but a rider can punch out the hole if they choose to run a brake.

■ cinelliとプロダクトをやったって事は、やはりmashはトリックより走りを重視してるって事?

cinelliとの最初の作品は、アグレッシブで、早く、硬い、制御しやすいストリート用のバイクにしたかったんです。僕達はライダーがレースをするためにでなく、conceptやvigorelliよりもっとアグレッシブなスタンスを取ったものを作りたかったんです。この2年間のビデオプロジェクトは距離やスピードをテーマとしてきていますが、僕達は初期のトリック全盛期のファンでもあります。フォークにフロントブレーキホールをつけました。トラックフォークがフロントブレーキ用に作られて、その後樹脂で詰められ、ドリルされていないフォークに見えるようペイントされている物はこれが初めてです。でも、ライダーが選べるように、ブレーキの穴を開けることもできるようになっています。

■ Or is the product built for tricks as well?

There is a clear difference between fixed gear bikes set up for speed, and fixed gear bikes set up for trick specific riding. We enjoy both slots, but our first frame development was born from speed.

■ 逆にトリックなどをしても大丈夫な作りなんですか?

スピードの為のフィックスギアバイクとトリックの為のフィックスギアバイクは明確な違いがあります。両方とも好きですが、僕達の最初のフレームはスピード用に開発されています。

■ Lastly, please let the readers know how you feel about this Mash x cinelli bike.

It has been a humbling process to produce with this classic Italian brand. Inspiring to say the least. Just a few years ago, before every brand was looking to capitalize off the street birth of track bikes, it was easier to have a clear vision of what we wanted. Simple, classic / modern, born from cycling’s rich race history. We hope you feel these aspects when you ride on top of this bike, and the places it can take you.

If you can’t find the frameset in japan, please checkout www.wrenchscience.com for shipping from the US.

Take care, and stay up!!

■ 最後にこのMash×Cinelli Bikeへの思いを皆に伝えて下さい。

伝統的なイタリアのブランドと一緒に製作することはとても恐縮でした。とにかくインスパイアされました。たった数年前、たくさんの他社ブランドがストリート生まれのトラックバイクで儲けようとする以前、僕達は鮮明なビジョンを持っていました。レーシングという自転車の深い歴史から生まれた、シンプルでクラシックだけど現代でも通じる物。このバイクに乗り、このバイクが導いてくれる場所でそのような事を感じてくれたらうれしく思います。
日本でこのフレームセットが見つからない場合は
www.wrenchscience.comをチェックしてください。アメリカから郵送します。
皆さん元気で、そして上がっていこう!


Tags: ,