IT’S YOUR WORLD at SENDAI CLUB SHAFT

IT’S YOUR WORLD
Play / Pray for Japan – Supported by Levi’s

2011/9/27 21:00~
SENDAI CLUB SHAFT

GUEST DJs/
GILLES PETERSON (Brownswood Recordings | BBC Radio 1 | from UK)
沖野修也 (Kyoto Jazz Massive)
松浦俊夫

LOCAL SIDE DJs/
DJ Mitsu the Beats (GAGLE / JAZZY SPORT)
grooveman Spot (ENBULL/Jazzy Sport/Tettory BLK)
DJ Mu-R (GAGLE / JAZZY SPORT)
DJ MARCY (LITTLE BIRD/from FUKUSHIMA)
DJ KAWADA (Sendai Jazz Messengers)

Gilles Peterson (Brownswood Recordings / BBC Radio 1 / UK)
ジャイルス・ピーターソンの音楽への知識とDJとしての才能は往々にして期待以上の結果を出してきた。レフトフィールドと呼ばれるシーンに入り20年以上、彼は常にオリジネーターであり、そのDJセットは音楽へ対する限りない熱意に溢れている。長年のキャリアを通して、ジャイルスが成し遂げた事を一覧にすると本を書くほどになるが、簡略すれば彼はこれまでに自ら発掘した多くのアーティスト達をメインストリームに乗せ、20世紀後半のクラブ・シーンにおいて最も影響力を持ったレーベルであったTALKIN LOUDを運営し、また世界中のあらゆる街でDJして来た男である。ジャズを中心にしながらも、音楽の境界線を砕き、多くのアーティストと点で結ばれる事は勿論のこと、その合間の空間をぬって来た人物である。英国営ラジオ放送局 BBC にて「Gilles Peterson Radio 1」、そして看板番組「WORLDWIDE」は、日本の J-WAVE 81.3FM を始め、全世界 14 ケ国で放送され好評を得ている。彼が選んでプレイする 1 枚 1 枚のレコードがファン を魅了し、また世界中の DJ やアーティスト達に常に大きな影響を及ぼし続けている。 2006年、新世代のアーティスト達を紹介する為にレーベル、Brownswood Recordingsを立ち上げ精力的にリリースを続けている。
近作に『Masterpiece』(Ministry of Sound)、『Brownswood Bubblers 7』(Brownswood)などがある
http://www.gillespetersonworldwide.com

沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)
DJ/クリエイティヴ・ディレクター/執筆家/世界唯一の選曲評論家。 Tokyo Crossover/Jazz Festivalの発起人。そして開店以来19年で70万人の動員を誇る渋谷の老舗クラブ、The Roomのプロデューサーでもある。KYOTO JAZZ MASSIVE名義でリリースした「ECLIPSE」は、英国国営放送BBCラジオZUBBチャートで3週連続No.1の座を獲得。アルバム『Spirit Of The Sun』(COMPOST RECORDS)で全世界デビュー。これまで世界30ヶ国120都市に招聘されただけでなく、CNNやBILLBOARD等でも取り上げられる、本当の意味で世界標準をクリアできる数少ない日本人DJの一人。2005年には世界初の選曲ガイドブック『DJ 選曲術』を発表し執筆家としても注目を集める。最近では、音楽で空間の価値を変える”サウンド・ブランディング”の第一人者として、映画館、ホテル、銀行、空港の音楽設計を手掛ける。2011年4月、3冊目となる書籍『フィルター思考で解を導く』(フォレスト出版)を発売。DJが書いたビジネス書として話題となり、Amazonビジネス書/仕事術カテゴリーで1位を記録する。同年7月、4年振り2枚目のソロ・アルバム『DESTINY』をリリース。iTunesダンス・チャートで1位、総合チャートでも3位を獲得し話題沸騰中。12/16(金)”The Beetle Presents Tokyo Crossover/Jazz Festival 2011″@ザ・ガーデンホール(恵比寿)にて、”Shuya Okino Live Set” 出演決定!
http://www.kyotojazzmassive.com/
http://ameblo.jp/shuya-okino
http://twitter.com/shuyakyotojazz

松浦俊夫
1990年にUnited Future Organization (U.F.O.)を結成。
日本に於けるクラブカルチャー創世記の礎を築く。12年間で5枚のフルアルバムを全世界32ケ国で発売、高い評価を得た。2002年の独立後も精力的に世界中のクラブやフェスティバルでDJを続ける。またJames Brown,Earth Wind&FireからAstor Piazzolla,Gotan Projectまで幅広いジャンルのアーティストのリミックスを手掛ける傍ら、ファッションブランド等のコンピレイションやブティックの音楽の監修も行っている。その世界を舞台に培われた感性とネットワークを駆使し、イベントのプロデュース、コンサルティングやGilles Peterson,Tomatoなどアーティストのエージェント業務等、その活動は各方面から注目を集めている。近作にAlfa Romeo 8CのイメージCD『Alfa Sound』、Blue Noteのコンピレイション『Sunday Blue』(EMI MUSIC JAPAN)などがある。
現在InterFM”Tokyo Moon”(日曜19時)のパーソナリティを務めている。
http://www.toshiomatsuura.com
http://blog.honeyee.com/tmatsuura
http://openers.jp/culture/matsuura_toshio/index.html

DJ Mitsu the Beats(GAGLE / JAZZY SPORT)
ビートメイカー、DJ、プロデューサー。2003年にソロ・アルバム『New Awakening』をリリース。海外アーティストと積極的にコラボレーションを行う。2004年L.A「URB」誌で期待するアーティスト100人に日本人で唯一選出される。’09年現在、DJとして地元仙台のレギュラー・イヴェント「Sound Maneuvers」@ADDを中心に、日本全国各地で活動。アメリカやヨーロッパ・ツアーだけでなくアジア圏でも成功し、国内外問わず数々の作品に関わり、そのアーティスト、ジャンルも多岐にわたる。英国営放 – BBC Radio 1 ジャイルスピーターソン “World Wide” 出演やLondon, ParisでのDJギグやベルギー最大の野外フェスDOUR FESTIVAL にも出演し成功を納め海外でもその人気、認知度は高騰しつつある。2010年7月7日には外部プロデュース作品、リミックス作品をコンパイルした”The Excellence II” (P-VINE)をリリースし、8月4日には日本人ラッパーのみをフィーチャリングした3RD アルバム “UNIVERSAL FORCE” をドロップし話題となり、プロデューサーとしても確固としたポジションを確立した。
http://www.gagle.jp/
http://www.jazzysport.com/

grooveman Spot(ENBULL/Jazzy Sport/Tettory BLK)
2003年リリースした Mix Tape で多くのフォロワーを生み出し、”grooveman Spot EP” が話題を呼ぶ。2006年1st ソロアルバム “ETERNAL DEVELOPMENT” リリース。翌年リミックスアルバム “RE: ETERNAL DEVELOPMENT” をリリース。その後、Tetorry Bad(Tettory BLK + Simbad) アルバム”Unite”、国内外のリミックス、Tettory BLK としての様々なプロデュースワークを手掛ける。2009年には初のニュージーランドツアーを行い大きな反響を得た。セカンドアルバムの音源は既に発売前からGilles Peterson、Leftoo をはじめとした海外 DJ 達もプレイし、世界が注目する新鋭ビートメイカー / プロデューサーの一人。約4年ぶりとなる2ndアルバム “Change Stuations” を2010リリース。さらには新境地を切り開いた3rdアルバム”Runnin’Pizza”という全曲インストアルバムを2011年春リリース!!
http://www.enbull.com/
http://www.jazzysport.com/
http://www.myspace.com/tettoryblk

DJ Mu-R(GAGLE / JAZZY SPORT)
仙台のヒップホップチーム【GAGLE】のDJ担当。 Jazzy Sport所属。自分の原点(90’S HIP HOP)を大切にしながらも、常に新しいもの(All Good Music)を提示するプレイスタイルは、ヒップホップファンだけに留まらず多くの耳の肥えたリスナーを虜にしている。GAGLEの作品で聞ける切れと深みを併せ持つスクラッチ、“世界最高峰のライブDJ”と称される完璧なステージング・スキルも大いに評価されている。 また地元仙台で行われている最重要DJパーティー『Sound Maneuvers』@ADD (毎月第二金曜)も主宰している。また、数多くのMIX作品もリリースしている。独特な曲のセレクト、人間味溢れるグルーヴィーなミックス、迫力ある二枚使い&味のあるいぶし銀なスクラッチで、毎回オリジナルDJ Mu-Rワールドを構築し、多くの音楽ファンから高い評価を受けている。
http://www.gagle.jp/
http://www.jazzysport.com/

DJ MARCY(LITTLE BIRD/from FUKUSHIMA)
93年より都内でDJ活動を始める。その後拠点を地元福島に戻しイベントオーガナイザー、DJの他、番組や商業施設の空間音楽を担当するなど、選曲家、音 楽講師としても活躍。多ジャンルを吸収し操るDJ PLAYは様々な方面で大きな反響を呼び、都内をはじめ県内外でのゲストアクトも数多くこなしている。 2005年10月には福島市内にCD,レコードショップ”LITTLE BIRD”をオープン。噂は瞬く間に広がり音楽専門誌、アーティストのコラム、 BLOGやラジオ番組等で多々取り上げられている。またCDライナーノーツ執筆、レア音源再発等のプロジェクトにも参加。充実したセレクトラインは全国、 海外のヴァイナルアスリート、トップアーティストらをも唸らせ、信頼も熱い。
http://twitter.com/#!/little_bird_

DJ KAWADA (Sendai Jazz Messengers)
JAZZで踊るというシーンに引き寄せられ、90年代初期よりDJ活動を開始し、現在までに国内外のトップDJやアーティストのフロントアクトを数多く務める。現在は偶数月第3火曜日に「RIM SHOT」@Club ADDや「Sendai Jazz Messengers」を主宰。また毎月第1土曜日にはDJ BAR “Vinyl Diz”にて、クラブとは違ったスピリチュアルな選曲でラウンジDJとしても活動中。


Tags: , , ,